2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステアリングの交換 -ナルディ-

黒い純正のステアリングも悪くなかったのですが、もう少しだけ太い握りが理想でした。純正のハンドルは私には少し細くて・・・。

まず第一に考えたのは、ハンドルカバーをつけることでした。その厚みの分だけ握る部分は太くなるし、そんなに高くないはず。

純正のハンドルは直径が約40cm。探してみると、このサイズのカバーはあまり見つけられませんでした。現代の車では、あまり無い大きさですもんねー。パワステが無いので、ハンドルの大きさでカバーしているのでしょうね。

あとは、むか~し親父がクルマに付けていたような気がする編み上げ式(?)のハンドルカバー。今でも1800円くらいで手に入り、ビートルのハンドルにも付けられる様子。

ただ、ダサイ。

古臭さを演出するのも良いけれど、毎日眼に見え、握る部分で気に入らないものは付けたくない。

オークションを見ることしばし・・・。

落札しました!ナルディのハンドル(直径36センチ)。
直径が小さくなる分だけ、ハンドル操作は重くなるだろうな・・・。ま、いっか。

数年使用の中古で3000円。届いてみると、新品同様と言えるくらい状態は良い。行きつけのワーゲン屋さんに問い合わせると、中古のボスがホーンボタンも共にあるよ、とのこと。さっそく購入して、自分で装着をトライ。
FI2597062_1E.jpg

熱中しすぎて作業中の写真を撮るのを忘れていました。
これがなかなか手に入らないという噂の、フォルクスワーゲンのマーク入りホーンボタン。オークションでも見かけたけど、1200円くらいだったかな。あればそんなに高くは無い。でも出物が少ないらしいです。

この部分にこだわりは無かったのですが、せっかくなら・・・と付けてみました。うん、いい感じ。
FI2597062_0E.jpg

ビスはまだ買っていないので、ホームセンターであり合わせの物を購入。サイズはOKなんだけど、ステンレスじゃないし、強度的に大丈夫なんだろうか・・・。不安もあるので、ちゃんとしたものを近日中に購入予定です。
うん、けっこう明るい色のハンドルで、気分も明るくなっていい雰囲気。むしろお気に入りの色合いかも。
ちょっと離れて見たところです。
FI2597062_3E.jpg

運転してみた感想ですが、意外なことにハンドル操作が軽くなりました。でも、小学校の理科で習った「支点・力点」の原則から外れます・・・。(笑

結局のところ、ハンドルが太くなったので握りやすくなり、スムーズにハンドルを回せるようになったため軽く感じるようになったのでしょう。
40cmから36cmの直径の差は、まったく心配する必要はありませんでした。むしろ小さな動作でクルマが機敏に動いてくれるようになり、ハンドルも軽くなり、副作用はありませんでしたね。

昔のヤナセの純正オプションカタログを見ていると、当時もナルディのステアリング(36cm)がラインナップされていました。購入した時に付けた人が多いのかは不明ですが、付けた人は「交換して良かった。」と感想を持ったに違いありません。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。