2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスビの交換で復活しました

昨日、ショップから修理完了の連絡がありました。

原因はデストリビューターの故障でした。
ポイントも正常だし磨耗も特になし、点火タイミングを調整してもエンジンが掛からなかったので、個人的にはデスビ自体の不具合を疑っていませんでした。

ショップのメカニックも、
「最初は燃料系を疑った」
とのことでしたが、そちらは正常だったため、各部の点検後に
「残るはデスビ自体の不具合しか考えられない」
とのことで、試しにデスビを交換してみると、一発で不具合が解消し、デスビの不具合であることは確定したようです。
FI2616897_1E.jpg

写真のデスビはバキューム進角の新車当時から付いていたものす。
もちろんキャップ、ローター、コンデンサーなどは消耗品なので購入時に交換済みですが、30年以上もよく働いてくれました。

けっこうバキューム進角のノーマル状態を維持していることが誇りでもあったのですが・・・。
ローターと青丸部分の動きにガタが多く、点火タイミングの調整が上手くできないことと、軸が上下方向にも動きが大きいので、デスビがどう壊れたかは調査していませんが、デスビ自体の不具合によって生じた故障に間違いは無いようです。
ショップではボッシュの「009」を代替部品としてビートルに装着します。
FI2616897_2E.jpg

空冷のワーゲンでは定番の部品ですね。もうボッシュでは数年前に生産を終了し、在庫は市場にある在庫のみです。
とは言っても、まだお金さえ払えばショップによっては新品が手に入るようですし、知らないメーカーから009と同等の特性のデスビも発売されたようなので、特に心配は要らないようですよ。

私としては、もしデスビを交換するなら"ボッシュ"の「009」が欲しかったので良かった・・・のかな?
純正のバキューム進角も好きだったのだけど、パーツ代も倍近くになっしまうので仕方が無いですね。そこまでしてバキューム進角にこだわるマニアでもないし。

これが交換されたデスビ、009。
FI2616897_3E.jpg

バキューム機構が無い分、外観はスッキリしました。

走りへの影響は大きくありませんが、以前よりも1000~2000回転までの力強さが増加しました。
ただしこれは今までのデスビが調子が悪かったからかもしれませんし、009の進角特性が影響しているのかもしれません。

あちこちインターネットで009の特性について調べてみましたが、全然情報がない。(笑
あれこれ薀蓄が必要な部品ではないのでしょうね。

当面は快調になったビーちゃんとのドライブを楽しむことにします。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。