2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】点火時期の調整結果

昨日の記事で書いた点火時期の調整、結果は「◎」でした。

1000回転付近のトルクの落ち込みは少し減った程度ですが、吹け上がりは
軽くなりました。アクセル全開の状態でもノッキングも発生しておらず、
これで高速道路もOKなら、大丈夫でしょう。
パワーも出ていますし。

プーリーに目盛が無いので正確なところは分かりませんが、おそらく5度~7度の間で
点火時期が標準より進んでいると思います。

点火時期は、エンジンだけに最適化しているだけではなく、排気ガスの状態も
関係するので、そちらに対しても規制に適合するように決められているようです。

私のビーちゃんは1976年式。すでに日本の排気ガス規制が始まっており
規制に対応している年式です。
そうすると、点火時期もその規制を考慮したものになっているはずであり、多少は
調整の余地があるはず。

で、少し点火時期を早めた結果、より良いエンジンフィールになっているわけですね。

・・・デスビを回すとき、以前はエンジンがかかった状態のままで軍手をはめて
デスビを掴んで回していました。
今回も何も問題と思わず、回転しているベルトに注意しながらデスビを掴んだところ

「ビリッ!」

…感電しました。
コイルを高電圧の物に交換したため、このような現象が起きたのでしょうか。
ちょっと暗い所でエンジンルームを見てみましたが、リークは発生してしていない様子。

プラグコードは劣化していないように見えるんだけど、やはり替え時なのかなぁ。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。