2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業灯のランプ交換

クルマやバイクをいじるときは、昼間の明るい時間帯にすることにしていますが、
しょせん素人がすることなので思わぬところで時間がかかったり、興に乗ってきて追加作業に取り掛かったりして遅くなり、暗くなってしまうこともあります。

そのために2年位前にホームセンターの安売りで、1000円くらいの作業灯を購入してあります。
クリップ式で、わりと使いやすい物です。

付いている電球は200ワット。ちょー明るい。

・・・そして・・・

ちょー熱い。

発熱量が半端じゃない。
光が当たっている部分が熱いだけではなく、周囲の金属ケージも熱い。
うっかり触ると、「チュン!」と音がしそうなくらい、熱い。
FI2616944_2E.jpg

どうにも危険なので、電球を蛍光灯タイプに交換しました。
その電球もホームセンターで500円くらい。作業灯用の明るいタイプ。

思ったよりも安くて喜んで購入して帰宅し、電球を交換します。
しかし点かんのよ、なぜか。

器具は電圧を調整するようなものではなく、単純なものなので器具のせいではないはず。
ならば電球か?

家庭の電球ソケットに付けて試してみたけれど、やはり点かない。

あー、こりゃダメだ。

さっそくホームセンタへ行って交換を依頼。
店員さんも試してみたけれど、もちろん点かない。
「申し訳ございません。すぐに交換させていただきます。・・・ほとんどは点くんですけどねー。」
と微妙な言い回しをするので、ふと気になって製造国を見ると、やはり中国製。

こういう後進国の製品って、良品は最初から問題なく使えるんだけど、不良品は最初から丸っきりダメ。
たぶん製品の作動チェックしていないんだよねー。
中国のせいで、ムダにガソリンと時間を使っちまったい。
交換するときに、お店で点灯チェックをしてもらって帰宅。
こんどはちゃんと点灯しました。FI2616944_4E.jpg


しばらく点灯しておきましたが、蛍光灯だけあってやはり熱くありません。
明るさも問題なし。

冬でも白熱球は熱かったもんなぁ・・・。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。