2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点火時期調整

前回のオイル交換のついでに、点火時期も久しぶりに見ておいた。
FI2616963_1E.jpg

不精なので年に2回くらいしか点検しないのだが、特に大きく狂うことは無いようだ。
今の点火時期は、基準よりも少し早めてある。
IGNITORの説明に、
「IGNITOR装着時には、標準より早目の点火時期が良い」
と書いてあったためだ。
そんなこともあり、点火時期についてはアイドリング時にはプーリーの切り欠き位置で言うと、指の幅一本分くらいだけ早めに振ってあった。


しかし燃料高騰を受け、本来はハイオク指定のビートルだが、レギュラーを使えるよう、今回は点火時期を標準に近い方向へ少し戻してやるのだ。
とはいっても、指の幅一本分の早めの設定を、指の幅の半分程度に戻すだけだ。
こうすることで、少なくとも点火時期が早いことによる不具合は起きないだろうと予想する。
ハイオクは燃えにくいため、レギュラー仕様よりも点火時期が若干早めてあるのだ。
本来は高圧縮による早期着火(ノッキング)を防ぐためだが、空冷ワーゲンのエンジンはそこまで圧縮比は高くない。
むしろ、ドイツ本国で普通に販売されているガソリンのオクタン価が高いため、日本ではあえてハイオク指定になっているものと思われる。
とはいえ、私のワーゲンのエンジンについては、要求オクタン価は「91」であり、日本国内で販売されているレギュラーガソリンのオクタン価は、「89」程度。

そんなに気にするほどではない。ましてや私のビートルはスポルトマチックなので圧縮費は7.3。(スポルトマチック車以外は7.5)
どうでも良いようなものだが、こうやって点火時期をいじって遊ぶなど、現代の車では素人ができるものではない。

こういうのも楽しいものである。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。