2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗車一式

好天の折、久しぶりの洗車である。

まずはオーソドックスに洗剤でボディを洗うのだが、私が使うのは100円未満で手に入る台所用洗剤である。FI2616964_1E.jpg

クルマ用として売っている物も、台所用も、結局中身は界面活性剤なのだ。
しかも台所用はかなり濃いので、バケツに少し入れ、勢いをつけた水で泡立てて
使えばかなりの回数使用できる。

そして水でよく洗い流した後、水を拭き取る。
写真は左から、家庭用の「マイペット」、「窓の内側を掃除&曇り止めのスプレー」、「アーマオール」、「ワックス」である。FI2616964_2E.jpg

マイペットはあらゆる部分に使用できるため、私はワーゲンのシート(合成皮革)を拭くのに使っている。
ワックスは、1年ほど前に購入したもので、ちょっと最近気に入っているもの。

そして・・・
今回の目玉は、「アーマオール」である。FI2616964_3E.jpg

樹脂の保護剤なのだが、黒い樹脂はより黒くなり、それ以外の樹脂も表面の劣化を防いでくれるというもの。

私は以前、このアーマオールが嫌いだった。何かテカテカと不自然な輝きとなるので、新車にはむしろ違和感が生じる為だ。
(ツヤを抑えたタイプもあるが)

しかし今の私の愛車は、30年以上経過した大古車。
長い年月の間に各部の部品は交換されているが、やはり劣化はある。
インパネ周りしかり、窓枠のゴムもしかり、そしてバンパーゴムなども・・・。

ならば、それらを新品同様の輝きにしてみよう。
そんなわけで、ここ数年はアーマオールの出番が増えている。
リアの樹脂製のレインガードや・・・FI2616964_4E.jpg

ステップのゴム部分にもたっぷりと塗っておく。FI2616964_5E.jpg

いずれまた効果は無くなるのは分かっているが、とりあえず美しくなる車に満足である。

アーマオールは金属に対してはサビを誘発しやすいので注意が必要であるが、使いようによっては非常に便利なケミカルである。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。