2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100km/h以上をキープしない理由

昨日のブログで、「120km/hも可能だけど、とある理由でそれはしません。」と書きました。

法的な速度規制は当然ですが、もう一点の理由がありまして・・・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
懐かしいことに、100km/hを超えると速度警告の音が出るんですよ。
「みゅーーーーーーー・・・!」
という甲高い連続音。これを聞き続けて運転するのは少し騒がしいので、鳴らない速度域で走ります。

私が子供の頃、親父の国産車に乗っているときにも100km/hを超えると
「キンコン・キンコン・・・」
と警告音がしていました。
いまどきの車にはついていない装置のため、もうながらく速度警告音など聞いていなかったので、その存在さえ忘れていましたが。

でも昨日、ビートルに乗って高速道路で100km/hに届こうかという速度に達したとき、「みゅ~~~~」とメーター付近から猫の鳴き声のような音が聞こえてきました。
一瞬、「あれ?どーしたの?」と思いましたが、速度計を見て
「あーーっ!速度警告音だ。懐かしいーー!(^_^)」

当時のビートルの販売元であるヤナセが、日本で販売するために付けた装備だろうと思います。アウトバーンのあるドイツで、100km/hで警告音が鳴るような装備は不要ですもんね。

懐かしいなぁ・・・。
スピードメーターの中の配線を切ってしまえば鳴らなくなるのでしょうけど、100km/h巡航ができれば問題ないんだし、警告音が鳴ったら100km/h到達ってことで違反防止のためにアクセルを緩めればいいんですよね。

速度警告音だと分かった瞬間、子供の頃に親父のクルマに乗せてもらって高速道路を走り、「キン・・・コン、キンコン」 となった瞬間、「おーっ、百キロだぁ!」と大騒ぎして喜んだのを思い出しました。
セピア色の思い出が、ビートルのおかげで甦りました。

今の若い人は、速度警告音なんか知らない人も多いでしょうね。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。