2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隙間風 撲滅運動 その2

先日のブログ “毛布を着込むビートル”でボンネット内から入る隙間風を何とかしよう、と対策をしました。

しかし、隙間風は減ったものの、やはり速度が高くなってくると隙間風を車内に感じます。しかも顔に当たる。

あちこちに手をかざして場所の特定を始めたところ、すぐに判明。
FI2328373_0E.jpg

オーディオを嵌め込んだ場所からのものでした。
ならば穴を塞ぐまでよ!
取り出したのは、“フロントトランクの美化”で切り取った純正パーツの一部。捨てるつもりだったのですが、ゴミの日に出し忘れて室内保管中だったもの。
でもま、いちおうは純正部品ですし。f(^^;)ポリポリ
FI2328373_1E.jpg

こいつをオーディオの操作パネルが顔をギリギリ出せるようにカット。
カッターできれいに切ったんですが、樹脂板に布が張ってあるので端がこんなふうに毛羽立ってしまい、使用場所がCDデッキの周囲だけに、処理をキチンとしないとデッキ故障の原因になりますね。
FI2328373_2E.jpg

木工ボンドを1cmくらい塗ってみたけど、乾くとテカテカ光りそうでダメ。
ハサミで端をキレイに再カット・・・根本的な解決にはならない。

うーーーーん。
と手にしたのは100円ライター。これで端を火であぶるのはどうよ?

はい、うまくできました。

じゃ、取り付け準備に入りましょう。

100円均一で買ってきた両面テープ。
幅を半分にカットして利用します。
FI2328373_3E.jpg

完成~~~~!
FI2328373_4E.jpg

見やすいように画像を明るくしているため、ちょっと目立つように感じますが、実際にはジッと見れば分かる程度です。

走行してみると、7割は風の進入は減少しました。
あとの3割は・・・CDの挿入口から進入してきます。(〇o〇;))))!!

ほぼタダで実施した対策なので、7割の隙間風減少なら大成功なのですが、どうせならもっと対策をしたいですね。

というワケで、もう一段階の対策を次回は実施します。(案はあるので実施あるのみ)
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スッポン

Author:スッポン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (290)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。